リアルトレード動画でレクチャー

デイトレ

下げてる場面で待ち伏せて買いを入れる

逆張りとは株価が下げているときに買うデイトレード、株式投資の手法です。安いところで買う株式投資の基本だともいえます。安く買って高く売る!

 

流れに逆らって買うので高値を掴まされる心配はありません。逆に下げいるときなので更に下げるリスクはあります。上手く下げ止まりで帰ればそこから大きく反転して上昇に乗れれば大きく儲けることも可能です。

 

デイトレード初心者の人は最初はなかなか下がっている株を買うのは怖いと思います。下げている銘柄なら何でも言い訳ではありません。逆張りするにも銘柄選びが肝心です。

 

悪材料で急落している銘柄もあれば上昇トレンドが一時的に下げている場合もあります。銘柄選びを間違えると失敗したときのダメージが大きくなってしまいます。

 

例えば前日の株価よりも上で推移している銘柄で5分移動平均線にそって上昇している銘柄に絞る等の絞込みが必要です。

 

反発しそうな確率の高いところに入るわけです。前日の株価より高く、上昇トレンドの場合の下げはどちらかと言うとみんなの心理は大きく下げるかもしれないと思うよりは反発するはずっと思う人のほうが多くなりやすいです。

 

含み益を抱えている人が多く強気なわけです。逆張りでも強いところのついていくデイトレードの基本には変わりはありません。

 

デイトレード初心者の方はまずは順張りから始めてみて慣れてきたら是非逆張りにもチャレンジしてデイトレードのテクニックの幅を広げてみましょう。

スポンサードリンク