リアルトレード動画でレクチャー

デイトレ

全てが自分の責任

デイトレードをしているとよくあること、今まで上昇していた株価今がチャンスと自分が買いを入れたとたんに急落!急落をただただ見ているだけ、損失拡大で嫌になり売却。自分が打ったところが底でそこから反転大幅上昇・・・。

 

なぜか自分が買うと思ったとおりに動いてくれない・・・。こんな経験恐らく多くの方々がしてきていると思います。

 

株価は気まぐれで思ったとおりに動いてくれずイライラ、株価はなかなか自分の予想どおりには動いてくれないものなのです。例えチャートを見てこれは絶好の買いのチャンスだと思ったところで入ったとしても下がるかもしてないものなのです。

 

負けが続くと嫌な気分にもなります。正直むかつきますよね!パソコンのモニターに向かって文句も言いたくなりますよ。思わずマウスを投げつけたくもなります。

 

でも、全部自分の責任なんですよね。その株を選んだのも、買ったのも、売ったのも全部自分の責任です。絶好のチャンスだと思った場面で買っても逆に下落してしまった場合、「逃げる」=「ロスカット」する選択肢があったはずです。

 

その判断をすることが出来なかったのは誰のせいでしょうか?投資は自己責任!例え誰かに勧められた銘柄が下がったとしても最終的な売買の判断を下した自分の責任です。

 

自分以外の誰のせいでもありません。でもそれはわかっていてもなかなか自分の非は認め難いですよね。

スポンサードリンク

 

素直に負けを認めよう

 

買った株が上手い具合に上昇して利益確定できれば「自分の判断はやっぱり間違っていなかった、正しい判断ができた」勝ったのは自分のおかげ!そう思うでしょう。

 

逆に買った株が下がった場合はどうでしょう?「どうして下がるんだ?ふざけるな!レーティング下げたのか?悪材料でたか?」そんな風に考えて自分のミスを認めようとはしませんよね?

 

「自分の判断は間違っていない!株価の動きが間違っているんだ!」そう思いたくもなるのですが・・・

 

株価が上昇して勝てれば自分のおかげ。株価が下がり損失が出れば誰かのせい。人は自分の都合のいいようにしか考えたくないものです。それでも、負けることも全て自分の責任なんです。推奨されている銘柄を買って下がった場合なんて全て責任転換したくなりますよね。

 

どんな優良銘柄だとしても株価は上がるかもしれないし下がるかもしれません。たとえ株価がどこに位置していようともその確率は50%。騰がるはずだと思って買いを入れたのならその判断が間違っていたわけですからすぐにロスカットしなければいけません。

 

デイトレード初心者の人に限らず株で安定的に勝てないのはロスカットをしないことが主たる原因なのです。買ったらどこで損失を確定させるかは事前に決めていますか?利益確定のことだけしか考えていませんか?

 

小さなロスカットが出来ないから大きく負けてストレスになるのです。絶対騰がると思ってしまうことも間違い。下がった場合のことを考えずにすべて自分の都合のいいようにしか想定していないから痛い目に合うのです。

 

相場に100%はありません。株価は自分の想像したとおりには動いてくれないものだと、そう割り切っておきましょう。だめならすぐ降りよう、そう考えて取引してみましょう。

 

少しは気持ちが楽になりますよ。最初はなかなか自分のミスを認めたくないはずです。

 

しかし重症のダメージを食らってからじゃないと過ちを認められないのでは遅いのです。大きく資金を減らす前に決断を!

 

いかに早く自分の間違いを認められるか!軽症ですめばまたチャンスはやってきます。次のチャンスに備えてのロスカット、それは決して負けを意味するものではないことに気がつくことが出来ると思います。勝ち続けているトレーダーはロスカットがしっかりと機械的に実行できる人が多いのです。

スポンサードリンク